2012年09月14日

ディスカバリーのジャンパ栓

 以前も触れましたが、ジャンパ栓の話題といきましょう~
ジャンパ栓は何本もの電線を一つのケーブルにして、ワンタッチで
車両間に連結できるようにしてあります。
ジャンパ栓内の接点はバネになっていて、お互い押し付けあうように
なっています。
これで、運転台の操作で全ての車両が一括制御出来たり、車内放送等
色んな制御をしてるんですね。
しかし沢山ありますね~

IMG_9794-1.JPG
ジャンパ栓ケーブル

IMG_9736-1.JPG
車両側ジャンパ栓接続部分

ディスカバリーの8001~8004の2編成はJRの電車(183系)と連結できる
ようになっています。
連結時は、このジャンパ栓を接続してブレーキのみ協調制御しています。
そこで8010から8016にないジャンパ栓が写真右側なんです。
IMG_9730-1.JPG
良く見たらこのジャンパ栓には接点がないんです・・・(汗)
これはジャンパ栓受けと言って連結しない時、相手側用のコネクターを
ジャンパ栓受けに取り付けるものだと推測しましたが、実際はどうなんで
しょうか?
posted by たんごリレー号 at 01:29| Comment(2) | KTR | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

ディスカバリー車輪交換②

 ディスカバリーは通常、2両が1ユニットで運用されています。
あの連結面はどんな風になってるんだろう?と気になって仕方が
ありませんでした。そんな中、車輪交換で1両づつに分割されて
いる場面を見ることが出来ました。

IMG_9886-1.JPG

右妻面に飛び出たのが排気管、屋根にのっかってるのが水タンク
こちらはトイレ付、偶数車両の自由席側です。
IMG_9913-1.JPG

1両だけポツンと留置されていました。
普段、見慣れないせいか違和感がありますね~
でも、なかなかこんな姿を見ることは無いでしょうね~貴重な一枚となりました。


posted by たんごリレー号 at 20:26| Comment(0) | KTR | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

ディスカバリー車輪交換①

 去る8/5にKTRファン感謝デーが開催されました。
沢山の方がKTRをお越しになりました。
列車が到着する度に大勢のお客様が降りてこられた時には
鳥肌がでました!そして感動しましたね~
こういうイベントは続けて頂きたいです。
企画から準備まで大変でしょうが、必ず結果で現れて
きますから!

さて、そんな私もこのイベントに向けてお手伝いさせて
頂きました。
野田川駅の材料線に留置されてました、KTR701(ゆめ列車Ⅰ)の
車内では「KTR仕事&映像館」という映像が映し出されて
いましたが観られましたか?
あれを撮影から編集までさせて頂きました。
普段見ることの出来ない現場に立ち入らせてもらい撮影に
協力して頂きましたKTRの職員さんに、まずはお礼申しあげます。

今回はディスカバリー(KTR8001)の車輪交換の紹介です。
ディスカバリーとエクスプローラー特急車両の車輪が減り交換
する際は福知山の荒河かしの木台駅近くにある福知山運転支区で
行われています。
また、定期的にJRの福知山電車区で車輪を削っています。
普通車両は福知山運転支区で車輪交換をされています。

IMG_9765-1.JPG

鉄道車両の車輪は車体のピン(実際は太いですが)を台車に
差し込んでボルトで固定されてるんです。

IMG_9717-1.JPG
逆転機

IMG_9738-1.JPG
プロペラシャフト

エンジンからの動力をプロペラシャフトを通じて、この逆転機に伝えて走ります。
この逆転機の歯車で回転の方向を変え前進、後進を行っています。

つづく
posted by たんごリレー号 at 10:26| Comment(5) | KTR | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。