2012年06月30日

総合検測車キヤ

軌道・信号通信関係を検査する総合検測車という車両がある。
これはキヤ141系で(1M1T)2両1ユニット2編成をJR西日本が
所有し、JR西日本、四国、九州、JRと接続している第三セク
ターで運用されています。
KTR線には3ヵ月に1回、検測に入線しているようです。
※1M1T→動力車1両、付随車1両(わかりやすく説明)

IMG_2020-1.JPG

JRロゴのある方がキヤ141で走行用エンジンを搭載し、主に信号・
通信関係の測定が行われる。
一方、キクヤ141では軌道関係の測定が行われ、特徴的な台車を
履き検測時は台車にも照明をあて走行しています。
走行用エンジンは持たない車両となっています。

IMG_3692.JPG

またキクヤ141の中間側面窓から照明を照らし裾部のカメラで測定か
監視をしてるみたいです。
この照明装置ですが、第一編成には設置されてるが、第二編成には
設置されてないのはどうしてなんでしょうか?
KTRには、大半が第二編成が入線していますが、第一編成が入線
する時は照明は消灯されているようです。
複線、単線で使い分けされてるんでしょうか?
機会があれば、聞いてみたいです。
下の写真で違いを見比べて下さい。

IMG_3689.JPG
キクヤ141-1(JR彦根駅)

IMG_1810.JPG
キクヤ141-2(KTR丹後由良駅)



posted by たんごリレー号 at 20:48| Comment(0) | 車両 | 更新情報をチェックする

2012年06月29日

マルチプルタイタンパー

昨晩はKTRの保線工事があるとのことで宮津線に出かけてきました。
バラスト軌道を列車が往来して行くと枕木がバラストに沈み、レールが
歪み乗り心地が悪くなったり、高速で走る特急列車などに支障がでる
これを修正する為にマルチプルタイタンパーと言う機械を使用して作業
をするらしい!

IMG_9560.JPG

これはKTRが所有するマルチプルタイタンパーで、JRから購入し
外部委託で作業してたのを、KTR内部で教育を兼ねて3年ぶりに
作業をするんだと、工務長さんからお話を聞かせて頂きました。

S1130003-1.JPG

S1130015-1.JPG

作業は、レールと枕木を持ち上げ、振動してるツルハシのような爪を
枕木の両サイドに差し込み砂利を突き固め、枕木の下に砕石を入れる。
これで左右方向の歪みや高さ調節をするという優れものです。
こうした作業は、最終列車が通過した後に徹夜で作業をされます。
また数ヶ月おきに工務作業員さんが線路を歩き目視で点検され、万一
異常が見つかれば、早急に補修をされているから、安全で快適な列車
に乗れるんだと言うことを感謝したいと思います。
posted by たんごリレー号 at 21:39| Comment(2) | KTR | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

四所

先日、KTRの撮り鉄仲間のchosan様と一緒に四所駅に行ってきました。
四所駅では神崎好男様と合流して三人で始発から撮影をしました。
この四所駅では、始発から約一時間のうちにDis車、Exp車、あおタンが撮れる
場所でKTRファンには絶好の場所でないかと・・・
それに様々な撮り方ができる場所だと感じました!
いつも西側の撮影がメインですが、東に出向くと新鮮な気持ちになれました。

IMG_9316-1.jpg

三人で撮影をしていたんですが、みんな同じ場所で撮るかと思えば、思い思いの
場所に散らばるんですよね~その光景は実に珍百景??

IMG_9301-1.jpg

目線を変えてホームに寝そべったら、こんな感じに見えるんだろうなぁ~なんて
思いながら撮影を楽しんできました!
posted by たんごリレー号 at 18:13| Comment(4) | KTR | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。